2019年3月18日月曜日

インストラクターさんの。。。

 こんにちは(●^o^●)スタッフのNAHOです♪

今日は夜飲みに行く予定があるので、とても楽しみです♡♡♡





 館内にインストラクターさんの自己紹介カードを作りました!!

普段のレッスンイメージとのギャップもあり、とても面白いですよ♪

私のオススメは小島インストラクターの。。。♡

なかなか時間がなくジムに来れていない方もこれを機に来てみてください(^O^)/
 
 
お電話でのお問い合わせはこちら045-227-5885(´▽`*)

2019年3月17日日曜日

こんにちわ。
イメチェンでパーマをかけたAYAですー。


今日は漫画週刊誌の日なんです。
1959年に少年マガジンと少年サンデーが創刊された日という。。
まぁ、女性には関係ないお話かもしれないですが…w


もうだいぶ暖かくなりましたね!
春は短いので着るものに困る私です。。
お洒落する間もなく夏になりますからねぇ。。
あ!春と言えば。
菜の花!!!!




私は菜の花が大好きで畑でよく摘んで食べてますw
シンプルに茹でてポン酢で食べると美味しいですねー。

皆さんは春の楽しみってありますか?
ちょっとした観光旅行とかもいいですねぇ。
皆さんも是非、春を満喫して下さいっ。



 
お電話でのお問い合わせはこちら045-227-5885(´▽`*)

2019年3月16日土曜日

摂りすぎに注意!!

こんにちは。スタッフで管理栄養士の加藤潤也です。
つい先日、食べ過ぎでお腹を壊しました。





例えそれが健康に良いものであっても、摂り過ぎはよくありません
摂取量・バランス等が、どんなものにも存在します。

今回は女性の味方「豆乳」の摂取量について、みていきます。





豆乳の1日の摂取量は200~300mlです。
豆乳には大豆イソフラボンというものが含まれ、1日の摂取量は75㎎程度です。

無調整の豆乳を300㎎摂取すると、イソフラボンが75㎎になります。
調整豆乳飲料であれば、イソフラボンの量を参考にしてみて下さい。


豆腐であれば3丁まで。
納豆であれば2パックとなります。

この大豆イソフラボン、女性ホルモンと似た働きをするため、摂取し過ぎるとホルモンバランスが崩れます。
女性は乳がんや子宮がん、子宮内膜増殖症などのリスクが高くなる可能性があります。
過剰摂取を毎日続けていた場合、そういった影響が出ますが、たまに量が超える程度であれば気にする必要はありません。
イソフラボンは適正量を守っていれば美肌効果、更年期症状の緩和、生理不順改善、骨粗しょう症の予防、がん予防、育毛効果があります。
適正量を守って健康になりましょう。


 
お電話でのお問い合わせはこちら045-227-5885(´▽`*)