2020年1月19日日曜日

ごま油

こんにちは、ナナです。
ダイエットにはオリーブオイルが良いと聞きますが、実はごま油もダイエット効果があることはご存知ですか?
私は最近この事を知って、納豆ごはんにごま油をかけることにハマってます!


香ばしい香りで料理にアクセントをつけるのに便利なごま油。炒め物や風味づけなどさまざまな使い方を楽しんでいる家庭も多いでしょう。そんなごま油が太るかもしれないという噂を聞いたことはあるでしょうか?

ごま油のカロリーと糖質

ごま油のカロリーは100gあたり921kcalとかなり高カロリー。小さじ1杯では37kcal、大さじ1杯では111kcalとなり、使い方次第ではカロリーオーバーで太る可能性があると考えられます。ただし糖質は0gと全く入っていないため、摂取量を上手くコントロールすれば糖質制限には向いているようです。

ごま油に含まれる成分とダイエット・健康効果

続いてごま油に含有する成分と期待できる効果について紹介します。ごま油ダイエットというダイエット法が存在している以上、ごま油には何らかの痩せる働きが期待できるはずです。ここからはごま油に含まれる成分から太る可能性の有無を確認してみましょう。

オレイン酸とリノール酸

ごま油には、「オレイン酸」と「リノール酸」という脂肪酸が含まれています。オレイン酸はオリーブオイルの主成分としても知られる脂肪酸で、血中の善玉コレステロール値をそのままに悪玉コレステロール値だけを下げる働きがあるといわれています。
一方、リノール酸は体内で合成できない必須脂肪酸の一種で、適量の範囲内なら総コレステロール値や悪玉コレステロール値を下げて心臓病の予防に効果があるといわれています。
なおオレイン酸は単独で摂取するよりも、リノール酸と一緒に摂取した方が効果が高まります。これらの観点から2つの脂肪酸を含有するごま油はダイエットに良いといわれているようです。

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用のある脂溶性ビタミンの一種で、若返りのビタミンという呼び名でも知られる栄養素です。ビタミンEの持つ抗酸化作用の働きで活性酸素が取り除かれると、代謝が向上して痩せやすい体作りが可能になります。
また、ビタミンEには血行を良くしたり末梢血管を拡張させたりする働きもあります。血の巡りが良くなると筋肉痛や頭痛を和らげる効果も期待できるようです。

セサミン

ごまの栄養素として有名なセサミンには血中のコレステロール値を下げ、心筋梗塞や動脈硬化を予防する働きがあります。また抗酸化作用が肝臓の働きをサポートするため、脂肪が体内に蓄積するのを防ぐダイエット効果も期待できます。肝臓の働きが良くなればアルコール解毒の作用も高まるので二日酔い防止にも効果があるようです。
同じ抗酸化作用を持つビタミンEは、セサミンと一緒に摂取するとその量が2倍になることが研究でわかっています。このことからもダイエットで健康になりたい人にごま油が推奨されていると考えられます。


普段料理に使っている油をごま油に置き換えても良いですね!
料理で楽しみながら無理のないダイエットを行いましょう♪


 
お電話でのお問い合わせはこちら045-227-5885(´▽`*)

2020年1月18日土曜日

みぞれ

おはようございます。
AYAです。


今日は朝から雪予報で、みぞれが降ってましたよ(+o+)
すっごい寒いですね。。。
みなさん体調管理には気をつけて下さい!

もうすぐ1月も半分過ぎましたね。
新しい先生が増え、2月からはHIPHOPもスタートします(^O^)/
ダンスは苦手…という方も多くいらっしゃいますが、とってもかっこいいダンスをする先生なので!
1回でも是非参加してみてください(*^^)v
トレーニングにしても、最初から効果があったり上手くできないのは当たり前なので。
まずは楽しむことから(^O^)/

2月からはWEBにてスケジュールを確認お願いします!!!
 
お電話でのお問い合わせはこちら045-227-5885(´▽`*)

2020年1月16日木曜日

ヨーグルトは朝?夜?


こんにちは、ナナです。
みなさんは、ヨーグルトを食べるタイミングはいつですか?
私は朝に食べるものだと思ってました(+_+)
ヨーグルトについて調べていたら面白いダイエット法を見つけたのでご紹介します!


ヨーグルトは夜がオススメ! 夜ヨーグルトダイエット
善玉菌を多く含むヨーグルトは、腸内環境の改善やアレルギー症状の緩和、便秘や肌荒れの改善など、全身のさまざまな健康に左右していると考えられている。こうした効果は、食べる時間帯によって最大化できると言われており、「夜ヨーグルトダイエット」は食べる時間帯を意識したダイエット方法であるとのこと。
人間の体は、朝は排泄、昼は食べたものを消化し栄養の補給、夜間は吸収というリズムがある。腸内の働きが最も活発になるリズムもあり、その時間帯となる22時~翌2時は「腸のゴールデンタイム」と言われている。
夜ヨーグルトダイエットは、夕食の時間帯にヨーグルトを食べ、「腸のゴールデンタイム」をさらに後押しするというメソッド。夜間に善玉菌が働いて腸内が活性化し、腸内環境を整え老廃物の排泄や有害物質を減らすなど、太りにくい体質作りに役立つとされているという。
ヨーグルトを食べるタイミングは、基本的には夕食後で、なるべく就寝の3時間前には食べ終えるようにするとよいとのこと。寝る直前や22時以降は太りやすいので、できれば21時までには食べ終わるようにするのがよいという。量は120g前後が目安とのこと。
ヨーグルトは夕食後にそのまま食べてもよいが、料理に使うことも可能。ヨーグルトとオリーブオイルを加えてドレッシングにしたり、水切りヨーグルトを作りトマトやバジルと合わせてカプレーゼ風にしたりするのもよいとしている。
寒い時期は「ホットヨーグルト」にして食べるのもおすすめだという。ヨーグルト100gに対し水大さじ1加えて混ぜ、レンジで45秒加熱する。指で触ってみて温かさを感じる程度を目安に加熱するといいとのこと。

早速スーパーでヨーグルトを買って試してみようと思います\(^o^)/
 
お電話でのお問い合わせはこちら045-227-5885(´▽`*)